ぼちぼち1年 ぶらぶら考えてみる

あと1か月で私がカナダに飛んできてから1年が経ちます。
時間が経つのは早く感じるけど、でももっと長い間、ここに住んでいるような
感覚もある不思議な感じ。
ラッキーなことにホームシックは皆無に等しく(いいのか?笑)
しいて挙げれば、浴槽に体を沈めて 「ふ?」 と言える
機会の少ないことと、焼き魚は家では調理できないってことかな。
きっと細かい不満足は全体的な満足度の高さの陰に隠れ
気にならなくなってしまっているだけで、実はあるんだろう。
どうせなので敢えて考えてみることにしよう。
TVが部屋に無い・・・でも有っても見ないような気がするなぁ
車があったらなぁ・・・でも有っても乗る機会は週末だけか?
お金が無い・・・これは日本にいても一緒だな。あ、でも働けるな
文房具製品(消しゴムと紙類)のQualityとの低さ・・・学生のとき感じました
おっきいのもう1個みつけた!!!!!
電話代が、掛けた側はもちろん、掛ってきた側にも加算される。
どうなのコレ?


なんかどうでもいい事に話が進んでしまいましたが、思ったよりも
細かい不満足を見つけられなかった自分にビックリというかヤッパリというか。
良しとしましょう。
1年も英語圏に住んでいれば、英語なんてもうペラペラでしょーもう奥さん!
って思われるでしょう。
私的にはそんな華やかな期待はしていなく、想定内の範囲に収まっている
というところでしょうか。もちろん上達はしていますよ。ええ絶対に。
ペラペラの 「ペ」の途中くらいまで認定されるかな・・・
誤解を与えてはいけないので補足しますが、
もっと過酷な環境に置かれ、貪欲に学び使い、
そして若ければ1年は十分という期間なのかも。
さらばじゃ。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。