いつも何かしら・・・

Always something!

日本で暮らしている時にはそれほど使わなくて済む言葉かも。

今日は、プロの方にベッドルームカーペットのクリーニングをお願いしていました。
とは言え、家具の移動は自分たちで行います。
その業者の方を拝見したときに、大丈夫かなーという五感が働いたのですが、、、
バキューム運転を開始したとたんにキッチンエリア半分のパワーが落ちました。
だけどブレーカーは落ちていないんです。
色々と試したけど理由は分からず、電気技師を呼ぶハメに。
結果、とってもシンプルなことでした。
パワーが落ちたキッチンエリアの反対側にあったコンセント差込口(GFI outlet)をリセット。
電気技師の最低訪問料金は$140+$40(週末料金)=$180。
高いお勉強をさせて頂きました、ハイ。

リビングルームはベッドルームの家具に占領されています。
明日はお仕事ですので、午後の力仕事が待ち構えています。
やれやれ。

ま、カーペット綺麗になったし、いいことにするか。

—————————
“Always something!”
You don’t have to use this phrase often in Japan.

I was going to have a carpet clean service today for our bedroom, so Ryan and I had moved the furniture out from the bedroom to clear the floor. I somehow got a bad vibe from the service guy, and my instincts were proven right. As soon as he started the vacuum, the power of half kitchen area was down. However, no breaker was tripped, and I had to call an electrician. Fortunately, the solution was very simple and easy that GFI breaker just had to be reset. I learned something new with an expensive lesson fee!

The living room is now occupied with the furniture from our bedroom, and I have to deal with it tomorrow after work.

Oh well, the carpet is clean, and all is well.

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。