Samba

2回目のブラジリアンレストラン。
ランチに行くと、14ドル+tax で、美味しいお肉や野菜が食べ放題。
チキン、ポーク、ラム、ビーフとより取り見取り。
スペシャルサーロインが、めっちゃ美味しいんだ!
口に運ぶたびに、「う?????ん」と満足な悲鳴をあげていました。
brazilian.jpg
こうやって肉を切ってくれます。
私は常にビーフ待ち。その他の肉には興味ありませんから?。
カリカリの部分もリクエスト!
HPはこちら

大きな地図で見る

クリスマス

2週間後にクリスマスを控えて、街のあちことでクリスマスツリーとイルミネーションを見ることができます。
私が住むノースバンクーバーは多くのお宅がすごいことになっています(笑)
そして毎日入ってくる広告は、クリスマスセールの嵐!!!
通常の価格より、かなり安いよ。
そんなわけで、ショップのレジはクリスマスギフトを買い込む人々で長蛇の列だったり、
ポストオフィスも劇混み、道も渋滞しているような気がします。
アメリカでは、サンクスギビングディのほうが盛大と聞きましたが
ここカナダでは、クリスマスがビッグイベント。
温かな気持ちになれる人が少しでも多い日になればいいですね。

続きを読む

あれから2年

もっともっと長い間、ムックに触れていないような気がするけど
まだ2年しか経っていないんだ。
でも、ムックの生きた時間は7年間。それと比べると、2年という月日はとても長いよね。
そう、たったの7年だったんだ。
彼らの生きている時間は、とても速くて濃くて疑いの無いもの。
私の手には、ムックを撫でた時の感触が残っている。
散歩の後に足を拭いた、あの肉球の感触が残っている。
抱きしめた時の体の温もりを覚えている。
困った時や、うれしい時や、悲しい時の表情が瞼に焼き付いている。
幸せだった分、これらは悲しみを誘う。まだまだ。
I love you, Mukkun.

毎日がnew

今週の火曜日から、ジョンとスザンヌはアメリカへ出かけて行きました。
それぞれがビジネスで、途中でホリディのため合流し、
ジョンは2週間、スザンヌは3週間以上アメリカに滞在する予定だそうです。
私は一人かと言うと、そうじゃなくて、スザンヌの友人がお世話に来てくれています(笑)
夕飯の準備をして一緒に話をして泊っていき、昼間には自宅に戻る を繰り返し。
週末はいつものようにTwinsが帰宅するので賑やか。
学校も1セッションが終わり、新たなクラスメイトと先生の中で揉まれています。
勉強に専念せず、1月からの住処をルンルンと探しています。
私のFavorite分野ですから???。
でも、そこにも言葉の壁が立ちはだかるのであった(??;)
それだけでなく家賃の問題も!ぐえ???。

James Blunt

何気に開いた新聞の片隅に、James Blunt という文字を発見。
彼がバンクーバーにやって来る!!と知ったのは、10月の終わりだったような気がする。
昨日、バンクーバー島から帰ってきてから、ネットでチケットをゲットできたので
行ってきちゃったもんね?。
先日、マドンナのコンサートのとき、開園から2時間後にやっと本人が登場したとの
情報を得ていたので、7:30開演だったけど8:15頃に行ってみたら、
本人が登場したのは9:00でした。

続きを読む

Cumberland

今週、2度目のバンクーバー島上陸。
留学するにあたってお世話になった(なっている)エージェンシーが主催する
エベントに参加してきました。
ついこの間の月・火とバンクーバー島に行っていたばかりでしたので
最初は参加する予定では無かったのですが、全く違う場所で
スタッフの方とのFarewell Party も兼ねているとのことで、急きょ行くことにしました。

続きを読む

バンクーバー島

11/11 Remembrance Day 祝日 → 学校も休み!
昨日のPM授業をパスして、スザンヌと、スザンヌの母の住むバンクーバー島のビクトリアへ1泊旅行。
お昼に学校近くでピックアップしてもらい、フェリーで島へ渡りました。
ずーっと続いていた雨もあがり、太陽が顔を出してくれてラッキーだった。
フェリーには、カフェやショップもあり快適に過ごすことができます。
別料金を支払えば、もっと快適なラウンジ等も利用可能。
86才になるというスザンヌのママは、事前に聞いていたとおり、元気ハナマル。
昨夜も、ボーイフレンドと8?10時までダンス教室に出かけて行きました。
毎週3回踊っているとか。

続きを読む

ムダ使い?

スザンヌの妹2人が遊びに来て、もちろん双子ガールズも帰ってきて賑やかだった昨日。
妹のうち1人も双子の娘がいるそうで、遺伝子だよな、きっと、って思いました。
カナダは移民の国で、本当に多国籍で、ダウンタウンを歩いていても違和感を感じないくらい。
人々が多国籍に慣れている。オープンで親切で朗らかです。
ゲストの多いお宅でのステイで、多くの会話はできなくても、たくさんの人に会い
その朗らかさに触れるたびに、カナダに来て良かったって思う。
他の国に行っていたとしても、同じように思うのかも知れないけれど。

続きを読む

寿司

クラスメイトとご飯を食べに行くときは、
リーズナブルで満足できる量を食べられる場所が選ばれます。
これまでにブラジル料理と和食を食べに行きました。
今日も午前で授業を終え、食べ放題の和食(?)を食べに行くという
クラスメイトについていきました。
私はバンクーバー新入生で、案内される側です。
どこの国でもその傾向が強いと思うのですが、和食屋さんを経営しているのは
日本人で無いケースが多いです。よって、微妙なものが見られます。
和食の繊細さをあまりにも無視しているキッチンを見ると悲しくなります。
でも、地元の人に受け入れられているところを見ると、それもアリなんでしょう。

続きを読む

T.G.I.F.

It’s 11:00pm so almost Friday.
T.G.I.F.= Thanks God It’s Friday!!
ジョンはドイツに出張中。
スザンヌとDVDを借りにいき、イージーなものを鑑賞。
でもぉ・・・やっぱり字幕が無いとぉ・・・大枠しかわかりませんね。
時折、スザンヌが状況を解説してくれます(笑)
何が悲しいって、笑いどころがわからないところでしょうか!(コメディだったので)